2016 AES Show Report!Day2:Audio Fusion & 3D Sound Labs

 

ブースの規模は小さいものの、やっとVR関連のものもAESでの出展数が増えてきました。その中からいくつかをご紹介します。

 

Audio Fusion VIRTUAL ANALOG STUDIO 3D/VR

 

側から見るとまるでゲームショウに来たかのような画像に見えますが…AESの画像です!

Audio Fusion VIRTUAL ANALOG STUDIO 3Dは名前の通りVR空間で仮想レコーディングスタジオを再現し、レコーディングスタジオでの作業を仮想体験しながら学べるツールです。(簡単に言うとフライトシミュレーターのレコーディングスタジオ版みたいな感じでしょうか…)もともと2Dのものを3D/VR化して発表し、今回AESアワードで銀賞を受賞しています。

 

 

実際にゴーグルで見えているものをモニター画面で見るとこんな感じです。対象物にコントローラーが近づくと赤くなり、トリガーを引く、ボタンをホールドするなどのアクションと手の動きの位置情報でコントロールします。VRゲームと操作法は同じですね。

 

 

「MADE BY THE STUDENT FOR THE STUDENT」の文字の通り、学生が学生のために開発が始まったようです。

自身がエンジニアリングを行い仮想コンソールのノブやフェーダーを操作したり、パッチケーブルを抜き差ししたり、アウトボードの操作したり…操作に慣れるまではもどかしいかもしれませんが、教育ツールとしては面白いですね。そう遠くない将来、こんな作業環境が当たり前になる日もくるのでしょうか。

 

ちなみにVRディバイスはOculus Rift, Cardboard/Gear VRなど主立ったものに対応。PC版、MAC版共に近日リリース予定。

 


3D Sound Labs

 

近年日本国内でも流行始めている3Dヘッドフォンモニタリング。そんな商品が3D Sound Labsというフランスのメーカーから出展されていました。

 

 

仕様は至ってシンプル。ヘッドレスト部に装備されたジャイロセンサーをPCにインストールされた専用のドライバーで制御し、3D音場を構築しています。(画面右側のWindowがそれです。左はMediaPlayerになります)

 

ジャイロセンサー部はBluetoothですが、現状ではオーディオ信号は有線での結線になります。”リスニング”ということだけで言えばもちろん無線オーディオでのやりとりも技術的には可能なのだそうですが、現時点では映像に無線オーディオを組合わせた場合の”レイテンシー(遅延)”に関するリアルタイムな遅延補正が技術的に困難であるという点から、残念ながら有線のみの対応だということです。

 

製品構成は以下の3種類

・3D Sound One Headphones(一体型ヘッドフォン)    $249.00

・3D Sound One Headphones + Gaming Mic Bundle(ヘッドセットマイク付き一体型ヘッドフォン) $269.00

・3D Sound One Module(お好きなヘッドフォンに装着可能なセンサーモジュール) $99.00

 

動作環境ですが、現状ではWindows(beta版)のみの対応、Mac OSXは近々対応予定です。

ただしiOSの専用アプリ「One Player」では音も映像も対応しているとのことです。

 

One Player 対応フォーマット

動画 : DivX, AVI, FLV, MOV, WMV, MPG, MPEG, MPEG-1, MPEG-2, MPEG-4, MP4, M4V, mpv,

   TS, MKV, DV, ASF, 3GP, M2P, m2ts, m2v, GXF, wma.

音声 : M4A, MP3, RM, WMA, …

マルチチャンネルオーディオ : Mono, Stereo, 5.1, 7.1 and more.

Dolby Digital Plus (AC3/E-AC3), DTS and DTS-HD (iOS 9.3以降)

 

現在は日本にディストリビューターはなく、今のところは直売のみという事でした。

 


 


 

 

宮地プロフェッショナル事業部
-----------------------------------------------