2016 AES Show Report!Day1:iZotope

 

A smarter way to mix!iZotopeの新しいプラグイン「Neutron」は皆様のミキシングを最大化する優秀なアシスタント・エンジニア!!

 

iZotopeと言えば、マスタリング・スイートのOzoneやスペクトラムリペア・スイートのRXに、柔軟なボイスシンセシスを可能にしたVocalSynthなどなどミュージック、MA、ポスト・プロダクション等、音に携わる方々から広く指示を得ているメーカーであることは皆様もご存知の通りでしょう。
(ちなみに私個人が2016年で一番気に入っているプラグインはVocalSynth!まだ体験されていらっしゃらない方は是非お試しください。)

 

iZotopeのプラグインはどれも期待に応えてちゃんと結果を残してくれる製品ばかりですが、そんな確かな技術力と思いもよらない発想力を併せ持つ彼らが、今回のAESで発表したのは…ミキシングに特化した提案型プラグイン「Neutron」!

 

さっそくブースでお話やデモの様子を伺うと、フムフム…ポイントがわかってきました。

 

・NeutronはOzoneの様なEQ、コンプと言った5つのモジュールで構成されたミキシング・スイート、特徴的な機能は「Track Assistant」と「Masking Meter」
・Track Assistantがオーディオ信号を解析、特徴量を認知することで、その信号を調整する上で最適な調整値(EQポイントやコンプのスレッショルド値、マルチバンドコンプのクロスオーバ値など)をユーザーへ提案・アシスト
・Masking Meterはその信号の明瞭度を損なわせているマスキング・ポイントを可視化表示

 

これは参りました………AIの波がこの業界にもついにきましたよ…!新時代の、デキるアシスタント・エンジニアとも言うべきプラグインの登場です。

 

 

ご覧のとおり、ブースは盛り上がっており、現地での関心の高さを見て取れます。

 

Neutronの登場はある種のミキシングにおける自動化ではありますが、精度の高いアルゴリズムに裏付けられたNeutronの提案に、皆様の経験則を重ねることは、目的のサウンドへのゴールがグッと近くなることはもちろん、その相乗効果による新たな創造性をひしひしと感じさせてくれます。

 

そんなミキシングの新時代を予感させるPVをご覧ください。

 

 

かっこよくも全容を明らかないにしないなんとも歯がゆいPVではありますが、これは期待が高まります…!

 

よくSFの世界では自動化が進むと機械が人間に取って代わって…みたいなお話になりがちですが、Neutronの登場により、皆様の経験則や勘は自信を持って裏付けされ、より高い次元へ向かうことでしょう!(ちょっと表現がSFチックでしょうか…笑)

 

 

Masking Meterも見逃せません!音抜けの悪さを解消する方法は人それぞれアプローチがあると思いますが、マスキング・ポイントを的確に把握し、処理することはかなりの近道であると私は思っています。

 

ただ、今までマスキング・ポイントを探す術と言えば、それこそ、音声の特性、マイク等機材の特性、部屋の特性と挙げればきりがない経験則に基づく一子相伝の秘技のようなものでした。(と思っているのは私だけでしょうか…)
それがわかりやすいGUIで可視化されることは、とても喜ばしいことと言えるでしょう!

 

Masking MeterとTrack Assistantがもたらす恩恵、新たな体験を早く感じたくウズウズしてしまいます…

気になる日本国内での発売は10月6日(木)を予定しているとのことで、来週の今頃、皆様の傍らで「Neutron」という優秀で心強いアシスタント・エンジニアが、それこそスマートに、皆様の創作をお手伝いしている姿をついつい妄想してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮地プロフェッショナル事業部
-----------------------------------------------