2015 NAB Show Report!Special:幅広い層にアピールする4Kカムコーダーが登場???



いよいよ開催が迫って来た2015 NAB Show!業務用を中心に選択肢の増えて来た4Kカムコーダー、さらに幅広い層にアピールするカムコーダー登場のウワサ!


Pre Show Report 1では、孤高のDAWであるMERGING Pyramixの展望についてご紹介させて頂きましたが、世界最大の放送機器展であるNABの本質としては、カムコーダーやエディティング・システム、ブロードキャストが主となるのは当然の事ですね。
そこでPre Show Report 2となる今回は、業務用を中心としたラインナップが充実しつつある4Kカムコーダーや、漏れ伝わって来ているベースバンド・ビデオのIP伝送について簡単にご紹介させて頂きます。

2015 NAB Show Report!:Pre Show Report 1 >>

まずはEOS Movieで映像制作者を虜にしたCanonが、本格的なシネマカメラに取り組んだCanon Cinema EOSのウワサからいきましょう!
おさらいをしておきますと、現在のCinema EOSラインナップは、4K撮影の可能なC500、1D Cの他、HD解像度のC300 / C100、そして昨年末に発表されたC100後継機種であるC100 MkIIとなっています。
中でもC500 / C300はCanon EFマウントモデルの他に、シネマレンズの標準であるPLマウントモデルもラインナップされており、優秀なCanon EFレンズ群の資産を活用しつつも、現場でのニーズに柔軟に対応出来る様に考えられていますね。
さらに、Canon-Logを活用したグレーディングで思う通りの映像に仕上げる事が出来るというのも、まさにプロフェッショナル仕様という事が出来るでしょう。



もちろんターゲットが映像制作のプロフェッショナルですから、2015 NABでCanonが新製品を発表するとしたら、まさにCinema EOSが最右翼ということになります!
実際にまことしやかにささやかれているのは、C300の後継機種であるC300 MkIIが、4K対応となって登場するのではないか???というウワサです。
具体的な対応フレームレートやダイナミックレンジ等、細かいスペックに関してはそれほど情報が出て来ていないものの、SONY SF7に対抗するために、かなり戦略的な価格設定が行われるとい情報もあり、どんな内容で発表されるのか??もしくは空振りの情報なのか???(笑)今から楽しみではありますね!

その他、Cinema EOSのフラッグシップであるC500もアップデートされた新型、C500 MkIIが発表されるのではないか???というウワサも聞こえる様になっており、現在は3G-SDIでのCanon-Log出力のみ対応した4K動画が、本体内での収録が可能になっているのでは???などと妄想してしまいます(笑)
いずれにしても、その使い勝手の良さからHollywoodでも高い評価を得ているCinema EOSがアップデートされるとなれば、大きな話題となるのは間違いないでしょう。

またCinema EOSに関連した情報ですと、EOS 1DXをベースとした4K DSLR Cinema EOS 1D Cですが、なんと!5D MkIIIらしきボディに1D Cのセンサーを搭載した4Kカムコーダー試作機が存在するというウワサもあります!
こちらに関しては、5D MkIIIのボディを使ってリーズナブルな価格に抑える目的があるという意見の他、次期5D MkIVのテスト機だという意見もあり、こちらも興味津々の情報ですね!

もちろん業務用カムコーダーの話題だけでなく、CanonがNABで投入してきそうな新製品の中には、なんと!Panasonic LUMIX GH4に対抗する4Kカメラも含まれているようです!



マイクロ・フォーサーズ・センサーを採用し、4K Movieの収録を実現したPanasonic GH4は、そのコストパフォーマンスに優れた価格設定から考えられないほどの機能をもっており、動画撮影用途のみならず、最適なシャッターチャンスを動画切り出しから得る事の出来る「4K Photo」で、動体撮影が中心のカメラマンにも大きな支持を得ています。
Canonとしては、してやられた!という感覚があるでしょうが(笑)さすがに手をこまねいている訳にもいかなかったのでしょう。
こちらのウワサも空振りの可能性がありますが(笑)2015 NAB Showにて、CanonがまさにこのGH4対抗機を発表するとささやかれています。

情報源によると、発表はNABとなっているようですので、おそらくEOS 5D MkIVに4K動画機能を載せて発表!という事ではないと思われますが、個人的にはEOS Mのテクノロジーをベースとした新しいラインナップのミラーレス4Kカメラになるのでは???と考えています。
レンズ交換式でCMOSセンサーがAPS-Cを実現出来るのであれば、Panasonicに対してのアドバンテージにもなるでしょうし、内部収録、60p対応ともなれば、プロフェッショナルだけでなく、多くの人が興味を持つ事でしょう!

さらに、そういったCanonの動きを察知したのか(笑)Panasonicからも新たなカメラ/カムコーダー発表の動きが見られます!



上の写真の様なリーク画像もあるようですが、ウワサによると1800万画素の静止画像および、4K動画機能を搭載したハイブリッド・カメラをNABにて投入してきそうです。
GH4よりも、さらに動画機能を重視した様なデザインにも見えますが、マイクロ・フォーサーズ・センサーを採用し、より暗所性能が発揮出来る様な仕様が想定されているようですね!

しかも、APS-Cよりも小さなセンサーで暗所性能を確保するため、既にPanasonicがリリースしている新たなセンサー・テクノロジー「マイクロ分光素子」を採用しているのではないか???ともささやかれています。

マイクロ分光素子を用いたイメージセンサの高感度化技術を開発 >>

これは光が障害物を通過する際、障害物の裏側に回り込む回析現象に注目する事により実現されたテクノロジーで、従来方式に比べた場合、2倍の高感度化を実現する、というものです。
このテクノロジーによって、カメラのISO感度を上げていってもノイズの少ない画像が得られる可能性が高く、昨年のNABで発表されたSONY α7Sにも勝る暗所性能をも実現出来るかもしれません。

2014 NAB Show Report!Day 3:SONY >>

進化の著しいカメラ/カムコーダーの世界ですから、この他にも大きなサプライズがあるかもしれませんし、今からNAB Show開催が楽しみになってきますね!

さて、最後にブロードキャストやイベント等でのスイッチャー/ベースバンドSDI伝送に一石を投じようとする、Quantel / snellの試みに触れておきましょう。



現時点ではカメラからのSDI出力を基本に、スイッチャーでの切替が行われる事の多いブロードキャスト/イベント中継等が当たり前になっているかと思います。
今回ご紹介するsnellのシステムも、良く知られているところでは2007年にLondon O2アリーナで行われた、LED ZEPPELINのCelebration DayでKahuna 360スイッチャー・システムが採用されています。
こういった信頼性の高いシステムが大前提となった上で、これらの伝送をIPで行おうという展示が、Quantel / snell共同という形をとりつつNAB会場で行われるようです!

個人的には、SDI伝送の信頼性に比べ、IP伝送の柔軟性や汎用性は有利と感じていますが、逆に言えば、はたしてSDIを上回る様な信頼性をIP伝送で実現出来るのか???というところに非常に興味を持っています。
新たなKahuna 800も登場するようですし、こちらも興味の尽きないところです!

もちろん、毎年新たな発表を行ってくれるBlackmagic Design / Red Digital Cinemaや、ATOMOS等々、今年も余す事なく2015 NAB Show現場の熱気をお伝えしていきますので、現地時間4/13夜からのレポートにどうぞご期待下さい!

(文:Miyaji Professional Division:梓澤)


宮地プロフェッショナル事業部
-----------------------------------------------