137th AES Show Report Day2:マスタークロックで噂のGrimm AUDIO!!

 
エンジニアの型で知る人ぞしるメーカー『Grimm AUDIO』。Hi-fiオーディオの方々はご存知のメーカーかもしれませんね。
マスタークロック『CC1』は見かける機会があったのですが、Tubeマイク用の電源『MP1』を見る事ができたのでご紹介したいと思います!

Grace Designと同じブースに構えていたGrimm Audio。
日本ではピュアオーディオの方に人気のあるマスタークロック『CC1』。
レコーディング機材の中で木を使用している機材はあまりないので、小さいブーズながら存在感がありました。
日本ではオーディオショップでしかみないメーカーなのですが、AESにブースを構えているという所はプロオーディオのユーザーに向けてのアプローチを今後していく事でしょう。
マスタークロックはもちろんなのですが、Tubeマイクロフォン専用の電源『MP1』は非常に興味をそそる機材でした。
ビンテージチューブマイク、現行のチューブマイクで使用する事ができ、しかもマイクプリではないので電源を変えれば音がよくなる!
という事を象徴する機材ではないかと思います。
こういった尖った感じの機材は個人的には好きデスww

今回のブースではこの2製品と、ケーブルのみだったのですが、ADCやSpeakerなども出しているみたいです。
今後Grimm Audioが提供してくれるサウンドは非常に興味深いものがありました。

もっとレコーディングスタジオなどで普及していくのも時間の問題なのかもしれません。
今後の動きが非常に楽しみなメーカーですね!

(取材:Miyaji Professional Division:梓澤/深澤 文:深澤)






宮地プロフェッショナル事業部
-----------------------------------------------